デモトレード

レバレッジとは何か

様々な用語が存在しているFXですが、その中の一つがレバレッジです。
聞いたことのある方はあまりいないかもしれません。
FXをやっている方であれば、絶対に知っているはずなのですが、一般にはそれほど広まってはいない用語なのです。

このレバレッジがあるおかげで、FXで儲けることができるようになっています。
レバレッジを用いなくてもFXの取引は可能ですが、得られる利益はかなり異なります。

FXを始める場合は、通常は取引会社に登録をすることになります。
口座を開設して、そこにお金を預けるのです。
そのお金を使って、実際に様々な通貨の取引を行うことになります。

ここで、もしレバレッジを使うことができたら、預けたお金以上のお金を用いて取引をすることができるのです。
レバレッジによって10倍以上のお金を用いて取引をできます。
レバレッジはテコの原理で表されることが多いです。
少ない資金を用いて大きな利益を上げることが可能だからです。

たとえ口座に10万円しか入っていなかったとしても、レバレッジで10倍をかけることにより、100万円の取引を行うことができます。
つまり10倍の利益を得られる可能性が生じるということになります。
ただし、利益が10倍になる可能性があるということは、損失も10倍になってしまいます。
したがって、かなりリスクの高い取引でもあります。

ではどうしてレバレッジのようなことが可能となるのでしょうか。

FXで決済を行う場合は、その都度お金のやり取りをするわけではありません。
たとえば、1ドル100円で1ドルを買った場合は100円かかりますが、この時には実際にお金の受け渡しは起こらないのです。

もし、あなたが1ドル110円になった時にドルを売れば、10円の利益となります。
この10円を受け取る時に初めて実際のお金の受け渡しが生じます。
差額分だけを決済する方式でお金の受け渡しが発生するのでレバレッジが可能となるのです。

レバレッジはかならずかけなければいけないというわけではありません。
1倍のままで取引を進めてももちろん大丈夫です。

Copyright(C) 2013 取り引きで迷ったら All Rights Reserved.