デモトレード

開示情報を常に確認していこう

FX業者には大切なお金を預けることになります。
したがって、FX業者のことを完全に信じきることは止めましょう。
常にFX業者が倒産してしまう可能性を考えながら取引を続けましょう。

特に大きなお金を預けている方は、それが無駄になってしまう可能性もあるので気を付けましょう。
信託保全になっていたとしても、全額信託保全でなければ全額は戻って来ません。
また、倒産すると新しい業者で新たに取引を始める必要があるので、そのための作業も面倒です。

FX業者の経営状態などを確認したいのであれば、開示情報を確認するようにしましょう。
業者の中には情報をきちんと開示しているところとしていないところがあります。
FX業者は基本的に情報を開示する義務があるのです。

たとえば、自己資本規制比率はどのような業者も開示しています。
しかし、細かな情報に関しては開示していない場合もあります。

開示情報の中では特に自己資本規制比率に注目をしましょう。
これは、それぞれの業者の財務状況が健全であるかどうかを示す大事な指標です。
意味としては、自己資本の中から固定資産を控除した額である固定化されていない自己資本の額と、金融商品の取引の際に発生する危険に対応するための額つまりリスク相当額との比率を表しています。
この値が120%を下回ってはいけないと決まっています。

情報をきちんと開示している業者は信頼できる業者といえます。
健全な経営を行なっていて、そこの業者に口座を持っていたとしても倒産をしてしまう心配をする必要はないといえるでしょう。
逆に情報開示にあまり積極的でない業者は怪しい業者であると判断をしましょう。

常に開示情報には気をつける必要があります。
FX業者は本当にたくさんあるため、その中には健全な業者もあれば、かなりたちの悪い業者もあります。
できるだけ信用することができる業者を見つけて、そこを通してFXをやることが大切なことなのです。
気をつけておきましょう。

Copyright(C) 2013 取り引きで迷ったら All Rights Reserved.