デモトレード

海外FXのメリット・デメリット

FXというのは外国との通貨の交換を通して、取引を重ねながら利益を上げることです。
したがって、FXは世界中で行われています。

そして、FXをやるためにはFXの取引を専門とする業者を通して行う必要があります。
この業者は日本だけではなくて、海外にもあります。
そして、海外のFX業者に口座を開設して、そこを通して取引を行うことも可能なのです。

基本的に現在のFXはほとんどインターネットを通して取引が行われます。
したがって、日本に住んでいるからといって、国内の業者に拘る必要は全く無いのです。
日本にいても、海外の業者を利用しても全然問題はありません。

海外のFX業者を利用することにより、色々なメリットがあります。
海外の業者を利用することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

一番大きいのはレバレッジです。
レバレッジというのは、自分が口座に預けているお金以上のお金を実際の取引に用いることができる仕組みのことです。
これにより、少ない資金しか無い方であっても、大きな利益を得る可能性が生まれます。

ただし、日本ではレバレッジが制限されています。
そのため、高いレバレッジで取引をすることができません。

その点、海外の取引業者ではレバレッジに制限が無いことが多いです。
そのため、かなり効率よくFXで稼ぐことができるようになります。
日本国内の業者ではレバレッジにより利益を得られるチャンスが狭まるので、それを避けるために海外FXを利用する方は多いです。

しかし、デメリットもあります。

まず、海外のFXなので、日本語によるサポートが期待できないことも多いです。
また、信頼性や安全性は当然日本の業者の方が上であることが多いです。
トラブルが発生してしまうこともあります。
また、手数料が余計にかかってしまう場合もあります。

メリットとデメリットの両方があるので、よく考えてから海外FXを利用するようにしましょう。
自分にとって利益のある方を選びましょう。

Copyright(C) 2013 取り引きで迷ったら All Rights Reserved.